オフィス家具の選び方

初めてオフィスを構えることになったり引っ越すことになったりして、新しい物件の契約を済ませたら、その次にやらなければならないのはオフィス家具選びです。購入する前に、まずレイアウトを考えます。どれくらいの人数で、どのように働くかをはっきりさせ、レイアウトを作成します。
どんなオフィスでも、まず必要になるものはデスクです。

一般的なオフィス用デスクは、奥行70cmと80cmのものが一般的です。


最近は、業務内容によってデスクトップパソコンとノートパソコンを併用することも多くあります。

オフィス家具の買取情報をご紹介いたします。

その場合は、奥行80cmのデスクの方が余裕を持って作業できます。


大きな紙や物を使うことがある場合は、L字形など広く使えるデスクがよいでしょう。



そして、オフィス家具の中で実は最も大切ともいえるのが椅子。特に内勤業務の人は、業務時間中の大半を自席で過ごすことも多いです。


座り心地の悪い椅子は大きなストレスや腰痛の原因になりかねません。そうなれば仕事の効率は悪くなり、働く人の健康を損なってしまうことになります。

可能であれば実際に座ってみて、座り心地を確かめてから購入するとよいでしょう。また、どんな椅子を選ぶかによって、必要となるデスク背後のスペース幅や通路の幅が変わってきます。

椅子を引く余裕がなかったり、いつも何かにぶつかったりしていたらストレスになります。
購入する椅子を決めたら、デスク背後や通路幅を確認し、余裕がなければ調整しましょう。
いろいろ気を遣うことがあって実は大変なオフィス家具選び。でも、ここで手を抜かずにしっかりと考えてオフィス設計をすれば、皆が気持ちよく働ける職場が手に入ります。